小児喘息(気管支喘息)|埼玉県さいたま市浦和・北浦和の小児専門病院・小児科

小児喘息治療

診療時間

  • ◎土曜日は13:00まで診療。窓口受付は12:00まで
  • ※平日窓口受付は8:45-12:00/14:45-18:00まで

お問い合わせ・ご相談

048-884-7711

浦和駅すぐ埼玉県さいたま市緑区原山3-17-13

JR浦和駅東口・北浦和駅東口 車で10分

小児喘息(気管支喘息)

小児アレルギー専門クリニックによる小児喘息治療が受診可

小児喘息

当院は、院長の専門分野である小児喘息の外来診療を積極的に行っています。小児喘息は正確な診断が重要となります。当院では長年研鑽を積んできた小児喘息の分野において、できる限り診断の精度を高めるよう、また少しでも完治へ向かうお子さんを増やすよう努力しております。

小児喘息ってどんな病気?

アレルギー性鼻炎

正確には気管支喘息といい、気道や気管の粘膜の炎症が長く続くことによって発症します。喘息発作は、アレルギー体質のお子さんが風邪、低気圧、煙、冷たい空気、ホコリ・ダニを吸い込むことなどがきっかけで発症し、咳、ゼーゼー、ヒューヒューする呼吸音や、呼吸困難などの症状が特徴です。

小児喘息の原因は気道や気管の粘膜への刺激

原因はこのような刺激で細気管支(気管支の先端の一番細い部分)がちぢんで細くなり、その壁がむくむことで内腔が狭くなって、更に痰などの分泌物が増えて空気が通りにくくなるため発症します。

細い気道を空気が通るために笛のようなヒューヒューと音が聞こえ、息苦しくなります。

本当に喘息?

小児アレルギー喘息は咳とゼーゼーやヒューヒューする音が特徴的なアレルギーの病気ですが、よく似ている病気もいくつかあり、それらの病気との鑑別が大切です。

実はこれがとても難しい。例えばRSウイルスによる細気管支炎などは、診察してみると風邪と合併した喘息そっくりな症状です。外来で検査をして細気管支炎と診断後、しっかりと治療して治ったかと思うと、風邪がきっかけでまたゼーゼーが始まります。

サンプルイメージ中にはその後、喘息になるお子様もいらっしゃいます。

当院ではご家族の話をよくお伺いし、お子さんの症状、経過、家族歴、血液検査、レントゲン検査などを総合して喘息の診断をしていきます。

必ずしも全ての方の診断がつくわけではありませんが、可能な限り診断の精度を上げてご家族の心配が解決できるよう努力を惜しみません。

小児喘息の治し方

小児喘息

喘息の治療には発作を抑える治療と、発作を予防する治療の2つがあります。軽い症状であれば発作止めの薬を飲み吸入をすることで症状は軽快しますが、発作が頻回になる場合は、飲み薬や吸入薬を予防薬として長期に使用する必要があります。

ご家族にとって長期の薬の使用はとても心配なことですから、薬を始めるにあったって当院ではその必要性、薬の詳しい説明、治療の見通し(薬終了の時期)等をよくご理解いただいた上で治療を開始致します

小児喘息は治るの?

小児喘息の約70%は思春期までに治癒するといわれています。ただし、発作を繰り返していると治癒が遅れたり、重症化して入院したり、まれに死亡することもあるので完全に治るまでは専門医のもとでしっかりとした管理が必要です。

私達はお子様が毎日快適に生活できるよう、日々必要な治療はどういうものなのかをご家族に十分にお伝えしたいと思います。発作の心配なく、友人と一緒に遊べるという普通の生活がとても大切であり治療の目標です。

通院について

たまに起こる発作の場合は、具合の悪い時に受診していただきます。長期の治療が必要な方は、定期的(月1回)な通院をお願いしています。通院に当たっては検査にもとづいた家庭での環境整備(おそうじ)の指導、喘息日誌・ピークフローメーターによるきめ細やかなケア、定期外来検査によるアレルギーと服薬管理を行い安心して長期通院していただけるよう心がけております。

埼玉県さいたま市浦和で小児喘息の受診をお考えの方へ

小児喘息

このように岩間こどもクリニックでは、小児アレルギー、小児喘息治療に力を入れております。埼玉県さいたま市浦和で小児アレルギー、小児喘息治療の受診をお考えの方は、ぜひ当院までご来院ください。できるかぎり完治へ向かうよう、精一杯の対応をさせていただきます。

トップへ戻る