塩分、糖分のとり過ぎに注意していますか?|さいたま市浦和・北浦和の小児科・アレルギー科 岩間こどもクリニック

小児喘息治療

診療時間

  • ◎土曜日は13:00まで診療。窓口受付は12:00まで
  • ※平日窓口受付は8:45-12:00/14:45-18:00まで

インターネット予約

電話予約

048-884-7711

浦和駅すぐ埼玉県さいたま市緑区原山3-17-13

JR浦和駅東口・北浦和駅東口 車で10分

新型コロナウイルス感染症対策

LINEを始めました!友達追加してください

塩分、糖分のとり過ぎに注意していますか?

投稿日:2019年8月14日

カテゴリ:キリン新聞

味の嗜好は幼い時期に基礎が出来上がると言われています。また塩分、糖分のとり過ぎは肥満や食事が誘因となる2型糖尿病、高血圧の原因にもなります。近年こういった病気が子どもの層にも増えています。食嗜好が形成される幼児期から「うす味」を心がけることが大切です。

食事の対策ポイント

市販のお惣菜や冷凍食品、加工食品などは比較的濃い味に作られています。
使用回数に気を付け、手づくり料理と上手に組み合わせましょう。

食事やおやつの時間を決めないとダラダラ食いになり、体にも負担がかかります。
朝・昼・夕の3回、おやつも質と量を考えて決められた時間に適量をとりましょう。

高脂肪、高エネルギーのものは塩分、糖分が多く含まれています。
揚げ物は週3回以下に心がけ、野菜などで量を増やすなどエネルギーが高くならないように工夫しましょう。

清涼飲料水やジュースなどの甘い飲み物は多くの砂糖が使われています。
水分補給は水や麦茶などの甘みのないものにしましょう。

トップへ戻る