家庭での子どもの事故、ケガの対処法|埼玉県さいたま市浦和・北浦和の小児専門病院・小児科

小児喘息治療

診療時間

  • ◎土曜日は13:00まで診療。窓口受付は12:00まで
  • ※平日窓口受付は8:45-12:00/14:45-18:00まで

インターネット予約

電話予約

048-884-7711

浦和駅すぐ埼玉県さいたま市緑区原山3-17-13

JR浦和駅東口・北浦和駅東口 車で10分

家庭での子どもの事故、ケガの対処法

投稿日:2019年7月29日

カテゴリ:キリン新聞

切った

包丁やハサミなどの切り傷

刺さった

包丁やハサミなどの切り傷

擦った

転んだときなどの擦り傷

切り傷

ケガの状態、出血の程度、お子さんの様子を確認します。

浅い傷の場合

深い傷の場合(出血量が多い)

すぐに救急車を呼びましょう

刺し傷

ケガの状態、出血の程度、お子さんの様子を確認します。

小さなトゲ、釣り針や針などが刺さり、出血がなく痛みもほとんど感じない場合

ガラスの破片等が刺さり、抜いても異物感がある場合

刺さった物が抜けない場合

鉛筆の芯、鉄くぎなどが刺さった場合

怪我が広い場合や手当に自信がない場合は病院へ行きましょう

擦り傷

擦り傷は皮膚の表面の浅い傷です

土や砂で汚れている場合

昔の常識が変わりました

湿潤療法を用いた絆創膏で感染に注意しながら活用してみてください

トップへ戻る