飲み物について考えていますか?|埼玉県さいたま市浦和・北浦和の小児専門病院・小児科

小児喘息治療

診療時間

  • ◎土曜日は13:00まで診療。窓口受付は12:00まで
  • ※平日窓口受付は8:45-12:00/14:45-18:00まで

インターネット予約

電話予約

048-884-7711

浦和駅すぐ埼玉県さいたま市緑区原山3-17-13

JR浦和駅東口・北浦和駅東口 車で10分

電話で診察が可能になりました

LINEを始めました!友達追加してください

飲み物について考えていますか?

投稿日:2019年6月11日

カテゴリ:キリン新聞

子どもの体の成分の7~8割は水分です。子ども達が健やかに成長するために、十分な水分が必要なのです。本格的な暑さを目前に飲み物の消費量も増えるこの時期、お子さまの飲み物は考えて与えていますか。

清涼飲料水や炭酸飲料水、ジュース類には糖分がたくさん含まれています。砂糖のとり過ぎは体に大きな負担をかけます。その点を十分理解し、飲み物を選んであげましょう。

清涼飲料水、炭酸飲料水、ジュース類に注意が必要な理由

糖分が多い
糖分が燃焼するときビタミンB1を使うため、体内のビタミンB1が不足してしまう。

リンが含まれている
リンが体内のカルシウムと結びついてリン酸カルシウムになってしまうため骨が弱くなる(骨折するリスクが高まる)。

着色料や保存料が含まれている

砂糖をとり過ぎると・・・

むし歯、肥満、糖尿病、骨密度の低下、近視、抵抗力が弱くなる、疲れやすいなど体の症状だけでなく、集中力の低下、イライラする、怒りっぽくなるなど精神的な症状にも影響が出ることが指摘されています 。

トップへ戻る